和布がたり › 和布トレンド

2014年12月09日

『着物×きもの×KIMONO』

少し前になりますが、週末にたまたまつけたチャンネルで
興味深い番組を放送していました。

KIMONO(着物)~世界を魅了!華麗なる日本の美~

日本の伝統衣装である着物にスポットを当て、
いろいろな角度からのレポートがありました。

手織りの西陣織など昔ながらの緻密な手作業、
現代のニーズにマッチする新技術、
古いイメージにとらわれない新しい着物、
貴重な昔の着物の復元作業、
「東京デザイナーズウィーク2014」で注目を浴びた
「着物×きもの×KIMONO」コンテスト、
などなど。。。


着物の独特な美しさは、世界からも注目され
伝統が失われつつあることを憂う人たちが
国外にも多くいらっしゃることを知りました。
日本人としてはとてもありがたいことですね。

布がたりでは着物そのものは取り扱っていませんが、
現代のライフスタイルに取り入れる和の文化をご紹介するお店として、
ますますがんばっていきたいと思いました。



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 18:03Comments(256)TrackBack(0)和布トレンド

2012年07月25日

浴衣トレンド<女性> 2012年

花火大会など夏のイベントには浴衣を着るというのが、ここ数年でかなり定着してきましたね。

毎年の暑さで、お盆を過ぎてもまだまだ浴衣が大活躍しますから、今から準備しても決して遅くはありません。


先日の新聞に興味深い記事が載っていました。

今年の浴衣は、昔ながらの色や柄が人気なのだそうです。
以前のピンクなど明るい色の洋服的な着こなしから、古典回帰の印象だとか。

まだ浴衣に慣れていない時は、なじみのある洋服っぽい色・柄を選んでいたけれど、それにも飽きて今度は古典的なものに好みが移ってきたということでしょうか。


布がたりで生地をお求めの方は、せっかくの手作りということで、市販のものとは違う浴衣を作りたい方も多いです。

そのような方におすすめなのは、こちらの「麻の葉にばら」の柄。

麻の葉にばら

伝統的な麻の葉文様に、ばらを組み合わせたところがひと味違います。

古典+少しモダンな雰囲気が素敵ですね。


色は、この涼しげな白地に青のほか、白地に紫、そして黒地もございます。

どうぞご参考になさってください。


iconclover2浴衣・甚平を手作りされる方へ
》 ゆかた・じんべい お気に入りの生地で手作り【特集ページ】



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり
  

Posted by 布がたり店主 at 13:08Comments(253)TrackBack(0)和布トレンド

2011年06月07日

浴衣トレンド<女性> 2011年

浴衣を夏のイベントに着る方が増え、伝統的な和装の世界でも「今年らしさ」をアピールする浴衣が多くなってきたように思います。

街へ出かけると、今年の浴衣はどんなのかな?と見ていますが、お店によってかなり雰囲気が違います。

百貨店では、伝統的な藍染め調や、上品で落ち着いた柄が目立ちます。昔から変わらない浴衣らしい浴衣ですが、おしゃれ感はあります。こういう浴衣を着ると、いいところのお嬢さまという雰囲気になりますね。

マルイのような若者向けのお店では、キラキラ感が目立ちました。ラメ糸入りの生地を使ったり、帯や帯留めにキラキラ素材を使ったり。光る素材で夏らしさを感じさせるのは、若い方ならではの特権(?)かもしれません。

布がたりでも、さりげなくラメの入った生地が浴衣や甚平用に人気です。

控えめなラメ入りの可愛い柄「桜と蝶々」
コットン生地


アニマル柄にスイートな味付けをした個性的な「スイートローズアニマル」
ルシアンアニマル柄生地


など。それぞれ色違いもあります。

浴衣を手作りされる場合も、このようなラメ入り生地で今年らしさを出してはいかがでしょう?



また、帯には、こんなキラキラ光る生地を使っても。
ピンクのほか、白と黒もあります。
》 「コットン生地・きらきらハート」

ラメハート柄生地



hana浴衣・甚平を手作りされる方へ

》 ゆかた・じんべい お気に入りの生地で手作り【特集ページ】

》 実物大型紙 おとな・子ども用も各種販売中



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 17:41Comments(2)TrackBack(0)和布トレンド

2011年05月17日

浴衣とじんべい

夏といえば浴衣(ゆかた)と甚平(じんべい)と思われるようになってきたのは、わりと最近のような気がします。

浴衣やじんべいが多く着られるようになったのは、花火大会が増えたこと、花火には浴衣を着て出かけたいと思う女の子が増えたこと、夕涼み会など夏らしい行事を実施する幼稚園や保育園が増えたこと、などが理由でしょうか??

市販の浴衣やじんべいもバリエーションが増えていますが、それでもお気に入りのものが見つからなかったり、ほかの子供たちとは違うものを着せたいと思うと、やはり手作りで・・・となります。

布がたりでも、春から夏にかけて、ゆかた・じんべい用生地のご注文が急増します。

10年の布がたりの歴史の中で変化を感じるひとつは、2~3年前から浴衣よりもじんべいを作る方が増えてきたこと。
以前は圧倒的に浴衣を作る方が多かったのですが、今は同じくらいか、じんべいの方が少し多いような気がします。

帯が不要な分、じんべいは浴衣よりも楽に着られますし、普段着にもなりますから、実用的ですね。作られる方が多いのも納得です。

今年の夏は特に節電が求められるでしょうから、今から涼しいリップル生地などで普段着にもなるじんべいを作っておくといいかもしれません。


じんべい・ゆかた向きの生地はこちらで
>> 和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】


和布・和風生地・手芸【布がたり】  

Posted by 布がたり店主 at 14:08Comments(0)TrackBack(0)和布トレンド