和布がたり › 手作りアイデア

2011年12月20日

七五三の羽織袴を手作り(2)懐剣とお守り袋

先日の七五三用の羽織袴に続き、おそろいの角帯、懐剣(刀袋)、お守り袋もご紹介します。

七五三お守り刀袋手作り

すべて、袴と同じ金襴生地で作りました。

角帯は、細長い袋状の長方形を縫うだけなので、とても簡単です。前の記事「七五三の羽織袴を手作り(1)」の写真でもこの帯を結んでいますが、残念ながら隠れてよく見えません。


懐剣(刀袋)は、細長い袋を縫い、横にひもを通すループ状の布をつけておきます。
袋の裏布には、羽織の胴裏を使ってもいいですね。

袋のループ部分に、先端にふさを付けた江戸打ちひも・細をつければ出来上がり。

袋のサイズは適当で大丈夫だと思いますが、私はたて約27cm、横約4.5cmで作りました。たて27cmのうち上の7cmほどを折り返すので、できあがりはたて約20cmになります。

袋の中には、かまぼこ板などを入れてください。



お守り袋は、たて約8cm×横約5cm(ひも除く)です。作り方が掲載された本もいくつかあるようなので、具体的な作り方やひもの飾り結びの方法は本などをご参考になさってくださいね。


ここまで作れば、手作りとは思えない本格的な一揃えが晴れて完成!


使用材料は下記です。

角帯、懐剣、お守り袋: 金らん・花菱地に子持亀甲(紺)
懐剣のふさ: 房頭 3寸/約9.5cm(2本入) の白 1組(2本)
懐剣のひも: 江戸打ちひも・細(白)  170cm





和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 14:52Comments(232)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年11月17日

七五三の羽織袴を手作り(1)

今年に七五三を迎えた方は、そろそろお祝いを終えられる時期だと思いますが、来年の方は今からご準備をお考えかもしれません。最近は写真館の前撮りもあり、年間通して計画なさっている方が多いですね。

七五三のお着物というと、購入されたり写真館などでレンタルという方が大多数ですが、手作り派の方にはご自分で縫うという選択もおすすめです。

何より愛情がこもっていますし、売っていないオリジナルができます。もちろん、費用もかなりお安いものです。

私も試作してみました。五歳の男の子用の羽織と袴です。

七五三手作り羽織袴


袴の生地にちょうど紋のような柄が入っていたので、それを羽織の胸と背中にアップリケして五つ紋にしています。これでぐっと立派な雰囲気になりました。

子供羽織袴手づくり



使用生地と分量は下記です。

羽織(表地): 無地ポリエステルちりめん(さびねず) 240cm
羽織(胴裏): ジャカード・龍(黒) 200cm
はかま: 金らん・花菱地に子持亀甲(紺) 280cm


これを見せると和裁ができると思われますが、そうではなく本を見て作ったのです。

私のように、手作りは得意だけど和裁はできないし・・・という場合に頼りになるのが『はじめてでも縫えるこどものきもの』という本。



私もこれを見ながら作りました。和服を縫うのは慣れないので少しわかりにくいところもありましたが、無事に完成しました。

邪道かもしれませんが、ミシンを使えるところはミシンを使っています。もちろん、手縫いには手縫いの良さがありますが、忙しい現代、時間を優先して考えるならミシンもOKですよね。ミシン縫いだとしても、買ったものには感じられない手作りの良さがあると思いませんか?

来年以降に七五三を迎えられる男の子がいらっしゃる方、今からなら十分間に合いますので、どうぞ手作りもご検討ください。着物、羽織、袴、と全部作るのが大変なら、どれか1着だけでもいいですね。きっと一生の思い出になりますよ。



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 18:05Comments(239)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年10月25日

母娘おそろいで・・・着物と帯

毎日新聞に連載されている きくちいまさんの「きもの生活のすすめ」に、なるほど~と思うことが載っていました。

着物の反物1反で、子ども用の着物と大人の帯が作れるんだそうです。

女の子のきものとお母さんの帯がおそろいって、素敵ですね♪

女の子向きの可愛らしい柄でも、帯ならお母さんもOKだったりするでしょうね。


古い着物をほどいて、女の子の着物とお母さんの帯に仕立て直しても・・とありました。そうですよね!


こんなペアルックだと、街でも注目の的になりそうですよ!




和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 14:25Comments(1)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年09月02日

十二支のタペストリーセット

安曇野「匠」シリーズの生地で作る「十二支のタペストリーセット」

干支タペストリー

パネル状にプリントされた十二支の図柄をうまく使って、タペストリーを作ることができます。

3つの絵がつながったタペストリーを2つ作りますが、それぞれ表と裏を別の干支にするので、全部で12の干支が入るというわけです。


この作品を作るための生地等はすべて布がたりで販売しております。


干支の柄の生地を必要量(80cm以上)お求めの方には、作り方を差し上げます。
ご希望の方は、必ず備考欄に「タペストリーの作り方希望」とご記入くださいね。
※ご記入のない場合はお送りしていません。


pencil タペストリーの出来上がりサイズ:
約 縦60cm×横15.5cm

iconscissors 用意するもの:

》 必要な生地等の一覧はここをクリック

------------------------------------------------------

干支柄布/手染めコットン生地・匠 十二支(黒):約55cm巾×長さ75cm

柄布/手染めコットン生地・かすり柄(黒):約54cm巾×長さ54.5cm

無地布/手染めコットン生地・匠 無地(小豆):約27.5cm巾×長さ41cm

無地布/手染めコットン生地・匠 無地(黄土):約27.5cm巾×長さ41cm

刺しゅう糸2色×各1かせ ・ウッドビーズ6個 ≫ セットで販売中

接着芯:約 100cm巾×61cm

・縫い糸・定規・はさみ・くし・厚紙(刺しゅう糸を巻いてタッセル/房を作る時に使用)・布に型紙を写す用具・アイロン

------------------------------------------------------


iconflower3こんな風に、布の絵柄をそのまま生かした作品作りも楽しいですね♪



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 16:05Comments(8)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年07月26日

たたみのへりで、バッグからコサージュまで

手芸にもブームがありますが、昨年ごろから話題の素材が「たたみのへり」。

和室の畳のへりを思い浮かべれば、どれだけ丈夫な素材か想像できますよね。

布がたりでも「たたみテープ」の商品名で販売していますが、少しずつバリエーションが増え、今では無地20色柄物も4柄×4色ラメ4色と、充実のラインナップになりました。

畳のへり(縁)の特徴は、しっかりしている上に軽くて丈夫、そして簡単に折り目がつけられることです。そして、左右の両端はほつれないので、始末せずに使えるのもポイント。そのおかげで、手作りのバリエーションも広がりますね。

雑誌『レディブティック』2010年11月号でも、「たたみテープ」が紹介されていました。

たたみへりバッグ

このバッグは、端がほつれないからこそのデザインですね。

同じデザインで色違いのキットもありますので、ご参考に。


このほか、手軽にためしてみたい方向けには、バッグをはじめ、ポーチ、小銭入れ、ティッシュカバー、お守り、コサージュ、ブーケ、おひな様まで、種類豊富にそろったキットがおすすめ。


》 たたみテープ手芸キット



たたみへり鞄キットたたみ縁キットコサージュたたみへりお守りキットたたみヘリおひな様キット


ティッシュボックスカバーは、和室によく合います。
たたみへりキットティッシュカバー


キットを作ってみて、次は自分だけの作品を作るのもいいですね。

オリジナル作品に挑戦される方は、たたみテープ(たたみへり)の無地20色・9.5m巻柄物4柄×4色・9.5m巻ラメ4色・5m巻をお使いください。




和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 17:20Comments(5)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年06月03日

浴衣ドレスの作り方~こどもソーイングポシェから

浴衣ドレスの作り方について、3回目です。

↓これまでの記事はこちらから↓

浴衣ドレスの作り方~型紙

浴衣ドレスの作り方~本から


今回は新規発刊の「こどもソーイングポシェ」からご紹介します。



「手づくりの浴衣と甚平」という特集中に、「プリンセス風浴衣ドレス」が掲載されています。

上着とスカートに分かれたセパレートタイプで、フリルとブレードで華やかさを出し、まさにお姫様気分のデザインになっています。

写真を見ると、スカートにボリュームがあり少し長めに見えます。これは下にパニエ(作り方掲載あり)をはいてボリュームを増しているのと、パニエがスカートの下に出るためですね。

スカート自体にもかなりボリュームがあります。サーキュラースカートになっていて、裾周りがとても広いデザインです。
その長い裾にはもちろんレースがつくので、ふんだんにレースを楽しめる女の子気分満点の仕上がりになります。

女の子なら大好きになるでしょうね♪


ただ、真夏になると、スカートの下にパニエをはくのは暑いかもしれません。パニエなしでもデザインがキマるようにしておくといいですね。


この本には、実物大型紙と作り方が付いています。
サイズは100、110、120の3サイズ。

スカートにボリュームがある分でしょうか、生地の必要量は350cmと多めです。
※パニエ分は別途要。


浴衣ドレスにもおすすめの可愛い柄「コットン生地・リトルドリーム」
コットン生地リトルドリーム


サンフィットパターンのゆかたドレス・実物大型紙 》 ご購入はこちら
浴衣ドレスパターン

ゆかたドレス用の生地も販売中 》 こちらをごらんください



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 14:56Comments(7)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年05月30日

手作りの付け帯(2)~市販の型紙から

手作りの付け帯(1)では、本に掲載されていた付け帯(つけ帯)の作り方について書きましたが、残念ながらその本は現在、中古でしか入手できません。

そこで、今回は市販の型紙に掲載のものをご紹介します。布がたりでも販売中の「実物大型紙・おとなの二部式ゆかた(帯つき)」です。

おとなの二部式ゆかた帯つき型紙



こちらは大人の女性の二部式(上下セパレートタイプ)浴衣の型紙ですが、付け帯のかこみ製図と作り方も掲載されています。

大人用の型紙なので帯も大人用ですが、小さめに作れば子供用になります。お子さま用の付け帯の作り方を知りたい方も、ご参考になさってください。


手作りの付け帯(1)でご紹介した帯と同じように、おもてと裏の布地を別にしてリバーシブルにすることもできます。
上の写真では、おもてに黒地の小花柄、裏に無地の黄緑の生地を使い、裏側を少し見せる着つけにしてありますね。


帯は下の写真のように胴に巻く部分と後ろの結んだ部分に分かれていて、後ろはあらかじめ蝶々の形に作ってあるので、着つけは非常に簡単です。

付け帯写真



iconscissors帯に必要な布の長さは160cm(布幅91cm、107cmいずれの場合も)
*リバーシブルの場合は、おもて・うらの各布を160cmずつ。

ほかに必要な材料は、綾テープ、接着芯、帯芯、針金(分量等の詳細は、下の画像をクリックしてください)。




材料を見ると、手作りの付け帯(1)では必要なかった帯芯と針金が入っていますね。

帯芯を入れるので、手作りの付け帯(1)の帯よりもかっちりしたものができそうです。もし、柔らかい帯でもよければ、手作りの付け帯(1)のように帯芯は省いて、両面接着芯でおもてと裏の布を接着させるのも手ですね。

針金(針金ハンガーでも可)は、帯の後ろ部分の形を安定させるために使います。針金を入れるので、後ろの蝶々の形がくずれません。

蝶々よりも大人っぽい形にしたい方は、もちろんご自分のお好みの形で。後ろの形をいくつか作っておいて、気分に合わせて着がえても。


【使用生地について】

手作りの付け帯(1)と同じく、一般には、コットンや綿ポリ混紡生地などが使いやすく、バリエーションも多いと思います。

生地次第で、本格的なものもできそうです。手軽にしめられるので、海外旅行に持って行くのにも便利です。


iconflower3この型紙の販売ページはこちら
》 実物大型紙・おとなの二部式ゆかた(帯つき)




和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 17:47Comments(15)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年05月27日

浴衣ドレスの作り方~本から

前回は、浴衣ドレスの型紙をご紹介しました。
》 こちらの記事です。

型紙のほか、今年は本にも作り方が掲載されています。



こちらの本に掲載されているのは、上下が分かれていないワンピースタイプの浴衣ドレスです。ハイウエスト・ワンピースのように、上身頃とスカートの間に切り替えがあり、着た時にはちょうどその部分が帯で隠れます。

スカート部分は、先日ご紹介した型紙の浴衣ドレスほどはボリュームがありません。型紙の方はスカートが独立しているので、2段のティアードスカートにしてボリュームを出しているのですが、こちらのワンピースタイプはデザイン的にそれが難しいですね。その分、中にペチコートをはいてボリュームを出すように工夫されています。

どちらがいいかはお好みですので、お好きなデザインをお選びください。

但し、本には型紙はついていないので、初心者の方、楽に作りたい方には実物大型紙の方がおすすめです。



サンフィットパターンのゆかたドレス・実物大型紙 》 ご購入はこちら
浴衣ドレス型紙

ゆかたドレス用の生地も販売中 》 こちらをごらんください


こんなかわいいアニマル柄の浴衣ドレスはいかがですか?
浴衣ドレスアニマル柄
使用生地は「コットン生地・スイートローズアニマル」です。


和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 19:43Comments(1)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年05月27日

浴衣ドレスの作り方~型紙

数年前から人気の浴衣ドレス。自分で作るにはどうしたらいいの?というご質問も多かったですが、今年は待望の型紙が発売されました。

浴衣ドレス型紙

信頼のおけるサンフィットパターン製だから安心ですね。もちろん、作り方も載っています。

こちらの浴衣ドレスは、トップとスカート部分が別々になったセパレートタイプ。上下が分かれているのは作りやすいですね。

セパレートタイプの別のメリットは、スカートだけでも着られること。スカートは普通のギャザースカートなので、普段に着られます。

そしてもちろん、浴衣ドレスの上下の組み合わせも楽しめます。スカートを2枚作っておいて、気分によって着替えるのはいかがですか?いくら可愛くてもいつも同じでは・・・という時も、スカートを変えればOKです。

ふつうの浴衣はどうしても着る機会が限られますし、いくら子供といっても着つけは少し大変。上下セパレートの浴衣ドレスなら、着るのは洋服感覚で楽ですし、上下それぞれを活用すれば着せるチャンスも増えますよ。

ゆかたドレス・実物大型紙 》 ご購入はこちら

ゆかたドレス用の生地も販売中 》 こちらをごらんください

浴衣甚平生地



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 13:54Comments(7)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年05月25日

手作りの付け帯(1)

浴衣には、付け帯(つけ帯)を結ぶのも手軽です。

付け帯は作り帯、結び帯とも呼ばれ、胴に巻く部分と後ろの結んだ部分が分かれているものです。後ろの形はできているので、帯結びができなくても楽に着られるので便利ですね。

着物用の付け帯は後ろがお太鼓になっていますが、浴衣用にはリボン型のものが一般的。


こちらは、私が数年前に作ったリバーシブルの付け帯。リボン型の文庫結びです。



クライ・ムキさんの本を参考に作りました。



iconscissors必要な材料は、大人用で 布地(110cm幅)と、両面接着芯(110cm幅)が165cmずつ。
*リバーシブルの場合は、おもて・うらの各布を165cmずつ。

子ども用には上記各165cmが140cmになりますが、子どもさんの身長によって多少加減してもいいと思います。


胴に巻く部分は、両端にひもをはさんで袋縫いに。後ろのリボン部分は、羽根になる布をたたみ、その中央に結び目になる布を巻いて作ります。


詳しい作り方は、本をご参考になさってください。絶版の本なので入手が難しいかもしれませんが、図書館でも見つかるかもしれません。


また、慣れた方なら、作りたい大きさを考えながら、本なしでも作れるのではないでしょうか。



【使用生地について】

一般には、コットンや綿ポリ混紡生地などが使いやすいと思います。

私は表と裏に違う色の綿ちりめん布を使い、リバーシブルで楽しめるようにしました。柄と無地のリバーシブルなど両面をがらっと違う雰囲気にしても、帯選びの楽しみが増えますね。

使う生地次第では、もっと本格的なものができます。着物用にもいいですね。


iconflower1こちらの記事もご参考に:
手作りの付け帯(2)~型紙に掲載されている付け帯



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 15:26Comments(10)TrackBack(0)手作りアイデア

2011年05月24日

手作りの兵児帯

夏前になると、ゆかたの帯はどうすればいいかと悩まれる方が多いようです。

ゆかたの作り方の本には、帯の作り方も載っているものがありますね。

手元にも数冊あるのですが、廃版で入手が難しい本も多いので、今回は今年発売された本をご紹介します。



この本には、ポリエステルちりめんで作る兵児帯(へこおび)が掲載されています。

作り方はとても簡単で、布を細長い袋状(つまり帯の形)にし、返し口を残して周囲を縫い、おもてに返して返し口をまつれば、できあがりです。


iconscissors必要な布の分量は、下記の通り。

 ポリエステルちりめん 108cm幅
  子供用:1m60cm
  大人用:1m80cm


布地以外には、接着芯など特別に必要な材料はありません。糸と針さえあればできるので手軽ですね。

詳しい作り方は、本をご参考になさってください。


【使用生地について】

本ではポリエステルちりめんが使われています。ポリエステルちりめんはやわらかいので兵児帯向きですね。水洗いができる点も便利です。

ただ、難点というほどではありませんが、少し重みがあるとは思います。子供さんにとっては、暑い季節に重い帯をするのは負担かもしれません。

同じ作り方で、コットン生地で作ることもできます。ポリちりめんのように、兵児帯らしいふにゃっとした感じにはなりませんが、リボン結びはきれいに見えると思います。



【帯結びは簡単!】

兵児帯はやわらかいので、簡単にリボン結びで帯結びが完了しますiconribbon1
もちろん、リボン結びをアレンジしてもOKです。

子供用と思いがちな兵児帯ですが、大人の女性がしめても雰囲気が出ます。くしゅくしゅっとカジュアルに、後ろをだらりと可愛らしく、またきりっと粋な感じにも。

帯結びの難しいテクニックが不要なので、着つけ初心者の方にもおすすめです。



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり  

Posted by 布がたり店主 at 13:50Comments(2031)TrackBack(0)手作りアイデア