和布がたり › 手作りアイデア › 手作りの付け帯(2)~市販の型紙から

2011年05月30日

手作りの付け帯(2)~市販の型紙から

手作りの付け帯(1)では、本に掲載されていた付け帯(つけ帯)の作り方について書きましたが、残念ながらその本は現在、中古でしか入手できません。

そこで、今回は市販の型紙に掲載のものをご紹介します。布がたりでも販売中の「実物大型紙・おとなの二部式ゆかた(帯つき)」です。

おとなの二部式ゆかた帯つき型紙



こちらは大人の女性の二部式(上下セパレートタイプ)浴衣の型紙ですが、付け帯のかこみ製図と作り方も掲載されています。

大人用の型紙なので帯も大人用ですが、小さめに作れば子供用になります。お子さま用の付け帯の作り方を知りたい方も、ご参考になさってください。


手作りの付け帯(1)でご紹介した帯と同じように、おもてと裏の布地を別にしてリバーシブルにすることもできます。
上の写真では、おもてに黒地の小花柄、裏に無地の黄緑の生地を使い、裏側を少し見せる着つけにしてありますね。


帯は下の写真のように胴に巻く部分と後ろの結んだ部分に分かれていて、後ろはあらかじめ蝶々の形に作ってあるので、着つけは非常に簡単です。

付け帯写真



iconscissors帯に必要な布の長さは160cm(布幅91cm、107cmいずれの場合も)
*リバーシブルの場合は、おもて・うらの各布を160cmずつ。

ほかに必要な材料は、綾テープ、接着芯、帯芯、針金(分量等の詳細は、下の画像をクリックしてください)。




材料を見ると、手作りの付け帯(1)では必要なかった帯芯と針金が入っていますね。

帯芯を入れるので、手作りの付け帯(1)の帯よりもかっちりしたものができそうです。もし、柔らかい帯でもよければ、手作りの付け帯(1)のように帯芯は省いて、両面接着芯でおもてと裏の布を接着させるのも手ですね。

針金(針金ハンガーでも可)は、帯の後ろ部分の形を安定させるために使います。針金を入れるので、後ろの蝶々の形がくずれません。

蝶々よりも大人っぽい形にしたい方は、もちろんご自分のお好みの形で。後ろの形をいくつか作っておいて、気分に合わせて着がえても。


【使用生地について】

手作りの付け帯(1)と同じく、一般には、コットンや綿ポリ混紡生地などが使いやすく、バリエーションも多いと思います。

生地次第で、本格的なものもできそうです。手軽にしめられるので、海外旅行に持って行くのにも便利です。


iconflower3この型紙の販売ページはこちら
》 実物大型紙・おとなの二部式ゆかた(帯つき)




和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり


この記事へのトラックバックURL

http://wanuno.nunogatari.com/t243