和布がたり › 京都訪問記・布ものづくりの裏側 › 西端和美先生にお会いしました

2011年09月08日

西端和美先生にお会いしました

「京ちりめんの手芸遊び」や「ちりめんのスイーツ」の著書でもおなじみ、ちりめん手芸作家・西端和美先生にお会いする機会をいただきました。

西端先生は、京都に「多加楽」という工房をお持ちで、数々のちりめん作品を創作されています。

その工房におじゃました私は、あまりに可愛らしいちりめん手芸の数々に目が泳いでしまいました~!

まず目が釘付けになったのが、こちら。
縮緬細工タペストリー
写真ではわかりにくいのですが、これはタペストリーになっていて
布一面に細かいちりめん細工が飾られています。

ひとつひとつ、本当に手が込んでいるんですよー。見ているとワクワクしてきますよね?

左の方にある書きかけの文字なんて、文鎮と筆もあって、可愛いくリアルで素晴らしいでしょう♪


もちろん、これだけではありません。

こんなつるし飾りや
ちりめんつるし飾り

愛らしい動物たちや手まりも。
縮緬手まり

もっともっとたくさん飾られていたのですが、ここではこのくらいで。

ちなみに、どの作品も、写真より実物の方がずーっと素敵です☆
もっと上手に撮れたらよかったのですが・・・。雰囲気をうまくお伝えできず残念。


西端先生とはいろいろお話をさせていただきましたが、感心させられたのは先生の徹底したプロぶりです。

作品の独創性、デザインの素晴らしさはもちろんのこと、キット等の企画ではいかにわかりやすく、作りやすく解説するかなど、作る側の視点に立って考えていらっしゃいます。

やはり、どんなお仕事もプロ意識が大切だと実感しました。



西端先生のちりめん手芸キットは、布がたりでも好評販売中です。

簡単に作れて、作っていくうちにどんどん上達するように工夫された、先生ならではのキットたちです。

》 西端和美先生のちりめん手芸キット一覧


今はまだ種類が限られていますが、これから干支やつるし飾りのキットなども発売予定ですので、どうぞお楽しみに♪


西端先生は、京都でちりめん手芸の教室も開かれています。
直接先生にご指導いただけるとは、なんとも贅沢ですね!


西端先生、貴重なお時間をありがとうございました。



和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】

和生地/和布通販布がたり


この記事へのトラックバックURL

http://wanuno.nunogatari.com/t417